荒野行動のPS4のコントローラー設定方法・仕方を分かりやすく解説

荒野行動 コントローラー設定
Pocket

今回は、荒野行動のPS4のコントローラー設定方法・仕方について詳しくご紹介します。

荒野行動はスマホゲームなので基本的に画面をタッチする事で操作する事が前提になります。

ですが、日本ではコントローラーを使ったFPSゲームが流行っている事から、タッチ操作よりもコントローラーでの操作に慣れている人が多いですよね。

また、ずっと画面を触っているので画面が指紋で汚れてしまうことも気になります。

そこで、荒野行動でもコントローラーを使ってプレイしている人が増えているみたいです。

普段使いなれているコントローラーを使うために、正しく設定することで快適に利用することが出来ます!

それでは、荒野行動のPS4のコントローラー設定方法・仕方についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


荒野行動のPS4のコントローラー設定をする方法は?

荒野行動では、android端末を使っている人限定でPS4のコントローラを使ってプレイすることが出来ます。

普段PS4でFPSゲームをプレイしている方は、PS4のコントローラで操作できればかなり楽になりますよね。

ただ、特別な設定が必要になるので詳しく解説していきます。

 

設定する為には「Octopus」が必要?

『Octopus(オクトパス)』というアプリをストアからダウンロードすることで、PS4のコントローラーを使ってゲームが出来るようになります。

オクトパスは荒野行動だけではない色々なスマホゲームに対応しているので、例えばPUBGモバイルでもコントローラーでプレイすることが出来るようになります。

ただし、すべてのスマホゲームに対応しているという訳ではなく、オクトパス上で対応しているゲームを探して、調べる必要が出てきます。

オクトパスはandroid専用のアプリで、iPhoneを使っている人はオクトパスをダウンロードすることはできません。

iPhoneでゲームをコントローラーを使ってプレイしたい場合は、PS4コントローラーではなく、iPhoneに対応している専用のコントローラーを別途購入する必要があります。

 

オクトパスをスマホにインストール

とにかくGoogle Playでオクトパスをダウンロードしてください。

ストアで「octopus」と検索するお目当てのアプリが出てくるので、ダウンロードして、インストールしましょう。

ダウンロードが完了したらアプリを起動してください。

すると、オクトパスが対応しているゲーム一覧が表示されるので、迷わず『荒野行動』を選択します。

するとオクトパスから荒野行動が起動されて、その状態でプレイすることが出来ます。

たったのこれだけの手順で、荒野行動をPS4コントローラーで遊べる状態にすることが出来ます。

今後も、コントローラを使って遊ぶ場合はオクトパスを起動してオクトパス上から荒野行動を起動してください。

特に細かく設定をいじらずにすぐに使う事が出来ます。

PS4のコントローラーを使う場合は、スマートフォンのBluetoothをオンにした状態で、PS4コントローラーのシェアボタンとPSボタンを同時長押しすることで、Bluetooth通信になり、コードレスで使うことも出来るようになります。

手でプレイするときには、ホーム画面から直接ゲームを起動してください。

 

よりこだわりたい人のオクトパス設定方法は?

オクトパスで荒野行動を起動すると設定画面が出てくると思います。

オクトパスを経由することで簡単にコントローラーが使えるようになりますが、更にコントローラーを使う恩恵を受けたい場合にはボタン設定をシビアに行う必要があります。

ボタン設定は大変で難しく、面倒な作業になるのですが、ボタン設定を乗り越えることが出来ればコントローラーを使って楽しく遊べるようになるので頑張りましょう。

 

コントローラーかキーボードを選択

まず最初に、使用するコントローラーを選びます。

この選択を間違えてしまうとエラーが出てしまって、やり直しなので間違わないようにして下さいね。

PS4のコントローラーを使いたいのでPS4を選択します。

 

オクトパスを再び起動

コントローラーかキーボードを選択することでゲーム自体は始まりますが、設定する為に荒野行動のゲーム設定のカスタムパネルを開いた状態でオクトパスを起動してください。

カスタムパネルは、荒野行動のロビー画面の設定で出来るボタン配置変更の設定画面です。

コントローラを選択している場合、カスタムパネルを開いた状態でオクトパスを開くとKeyやD-padなどが表示されるので使いたいKeyをアルファベットで打ち込みます。

入力が完了したら、荒野行動のボタン配置のような新しいボタン配置のようなものが表示されるので、表示されたボタン配置を荒野行動の銃を撃つボタン等に重ねることで使えるようになりま
す。


荒野行動のコントローラーのボタン配置設定のおすすめは?

Amazonなどで荒野行動に対応している色々なコントローラーが販売されています。

荒野行動用のコントローラーが届いたら、そのままの状態では使えない場合が多いです。

コントローラー自体の設定よりも、コントローラーを取り付ける荒野行動側のコントローラー設定を正しく行う必要があります。

 

ボタン配置を設定する

まずコントローラーを装着する前に、各種ボタン配置の設定をしてください!

調節するときは、ロビー画面からでも良いのですが基本的には射撃場に行って、実際に銃を売ったりスコープを除いたりしてみてボタン調整をしてください。

しっかりボタンを調整した画面にコントローラーがぴったりはまるようにしてください。

 

ボタン配置の調整の時に気を付けることは?

ボタン配置の際の注意点についてご紹介します。

  • コントローラーの反応がない(遅い)時は、スリープボタンを押して一回画面をロックしてからロック解除してみてください。
  • 左のコントローラは出来るだけ中央に寄せて配置することが重要
  • 物資を拾う時のアイコンは中央付近に移動させる。(コントローラーからなるべく離す)

最低限この3つのポイントに気を付けてください。

 

コントローラー装着前にやらないといけないことは?

コントローラーを装着した後、コントローラーの反応が悪いと感じたことがある方は居ませんか?

コントローラーの反応が遅い場合は、製品を装着⇒画面をロック⇒ロック解除⇒ゲーム開始

という手順を踏むことで、解決することができます。

毎回コントローラー装着直後にこの一連の流れをするようにしています。

まるでルーティン。

コントローラーが入っていた袋にも同様の事が書いてありました。

左のコントローラーを出来るだけ中央に置く理由としては、シングル以外でプレイするときに左に寄せてコントローラーを配置するとボイスブロックしてしまうことがある事と、パラシュートで降下している時に、『出る』ボタンが押しにくい事があるためです。

パラシュートの『出る』ボタンの位置やサイズを調整することはできないので『出る』ボタンの位置を確認しながらコントローラーの位置を調整していきます。

物資を拾うアイコンを中央付近に移動させる理由としては、デフォルトのボタン配置では、物資を拾うときに中央右上当たりのエリアに所持アイテムが表示されるようになっています。

実際に使ってみたのですが、デフォルトの位置だと、右上のコントローラーと被ってアイテムが拾い辛いという事もあるようです。

このアイテム表示の場所は調整することができるので、邪魔にならない中央周辺に移動させて置くのが得策です。

 

実際に設定した感想は?

しばらくiPhoneにコントローラーを装着して荒野行動をプレイしています。

現在は、左のコントローラーだけを付けてプレイすることが多くあります。

始めは付けていたのですが、右のコントローラーを付けていた時に、リュックの中身が整理しにくい&視界が狭まるので、スコープボタン用の右コントローラーは撤去しました。

リュックの中身はリュックを開いて『付近欄右揃えor中央揃え』をすることで若干ボタンからずらせるようになっていました。

他の変更点としては、コントローラー用の左上の射撃ボタンを索敵がしやすいように透明な色にしました。

左手親指で移動しながら、右手親指でエイム調整を行い、人差し指で射撃やスコープを行うことで、中距離、長距離で撃ち合いをする時に不思議な動きが出来るようになって、敵からの被弾も減りました。

自分自身は、自由に動きながら敵を狙える所まできました。

これによって、外での中距離、長距離で撃ち合いで被弾する事が少なく撃ち合いで勝ちやすくなりました。

 

まとめ

今回は、荒野行動のPS4のコントローラー設定方法についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

荒野行動を少しでもうまくプレイしたい方は、コントローラーの利用も考えてみてはいかがでしょうか?

設定方法もアプリをインストールするだけで簡単なので、自宅にPS4がある方は一度試してみてくださいね!

最近では、スマホ版の荒野行動だけではなく、PC版の荒野行動でもコントローラーを使ってプレイしている人が多いようですね。