荒野行動のAndroid版でのチートのダウンロード方法

荒野行動 チート ダウンロード android
Pocket

今回は、荒野行動のAndroid版でのチートを使う方法やダウンロードの仕方についてご紹介します。

普段荒野行動をプレイしていると、チーターと呼ばれる不正行為を行うプレイヤーによってキルされてしまう事が多々あります。

チーターによってキルされたからその仕返し、自分もチートを使ってみたいという興味が湧いてしまうのは当然とも言えます。

ただし、チートを使う方法は公になっていませんし、悪いことをしているという感情に付け込んだ危険性もあります。

それでは、荒野行動のAndroid版でチートを使う方法やダウンロードの仕方、注意点についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


荒野行動のAndroid版にチートをダウンロードする前の準備は?

チート改造apkの導入を許可する為に、いくつかの設定を変更する必要があります。

 

提供元不明のアプリをダウンロード可能にする

androidの初期設定では、俗にいう野良アプリのインストールが許可されていません。

当然、チートアプリがplaystoreで配信されているわけが無いので、野良アプリとしてダウンロード・インストールする必要があります。

野良アプリのインストールを出来るようにする方法は、設定アプリを開いて、『セキュリティー』をタップ。

デバイス管理の欄にある『提供元不明のアプリ』にチェックを入れるだけです。

この設定によって、GooglePlayStoreで公開されていないチートアプリもダウンロード・インストールすることができるようになります。

 

android端末をroot化

チートアプリをインストールして実行させるためには、端末のroot化が必須です。

今回は『iRoot』というアプリを使ってandroid端末をroot化する方法についてご紹介します。

まずは『iRootの公式サイト』にあるAPKファイル(アプリをインストールするためのファイル)をダウンロードしてください。

『Download(for Android)』をタップ。

『ブラウザで開く』をタップしてダウンロード。

ストレージへのアクセス権限に関する表示が出たら『続行』をタップ。

 

『iRoot』をインストール

ダウンロードしたiRootは端末内に保存されています。

ファイル管理ソフトを利用して、iRootを選択してタップしてください。

途中で、アクセス権限に関する表示が出たら『次へ』をタップしてください。

 

『Playプロテクトによりブロックされました』と表示された場合は?

インストール途中にGoogle Playのセキュリティが働いてインストールが中断される場合があります。

こちらの表示が出たら、Google Playを開いてメニューをタップ。

『Plyaプロテクト』⇒『端末をスキャンしてセキュリティ上の脅威を確認』をOFFにしてください。

 

インストール後「開く」をタップ

アプリを開いて『Get Root access』をタップ。

root化が完了するまで時間がかかるので、しばらく待ちましょう。

root中は、Rooting nowと画面に表示されます。

端末が自動で再起動すれば、root成功しています。

iRootを使ってAndroidをroot化する手順は以上となります。

 

root化の危険

root 化した場合は、色々な機能がアンロック出来る一方で、セキュリティのリスクが高まり、『改造品』となるためにメーカーやキャリアのサポートが受けられなくなる可能性があります。

また、root アプリは当然ですがメーカーやキャリアの検証が行われていないので、不完全なアプリだと、端末を高温にしてしまい故障させたり、再起動を繰り返したり、運が悪ければ、起動しなくなることがあります。

実際にこれまでの Android 生活の中で『Motorola ATRIX』というスマホ機種を完全に文鎮にしてしまったことがあります。

root化するという事は、つまり、自己責任ということです。

root することが無ければ、このようなリスクを負う必要はありません。

荒野行動のAndroid版にチートをダウンロードする方法は?

root化出来たら、gameguardianをダウンロードしましょう。

ネット上に配布されているスクリプトファイルを手に入れることで、チートを動かすことが出来るようになります。

 

荒野行動のチートに使う野良アプリの危険性は?

GameKillerやGameCIHなどはGooglePlayStoreに公開されていない、いわゆる野良アプリと言うものです。

この他にも沢山の野良アプリが存在しています。

野良アプリの中には、法に触れているようなアプリや、荒野行動のチートを行うために必要なアプリがありますね。

アダルトコンテンツが含まれている場合もあります。

 

個人情報が抜き取られることも?

このような野良アプリを使用する際に、必ず気をつけなければいけないことがあります。

野良アプリをインストールするだけで、

  • 個人情報流出
  • カメラで盗撮
  • 位置情報が送信される

などといった被害に遭うことになります。

このような被害に遭わないためには、最低限以下のことに気をつけてください。

  • 海賊版アプリは出来るだけ使用(インストール)しない
  • アプリをインストールする際に求められるアクセス権限に必要のない権限を与えない

この二つは必要最低限です。

 

無駄なアクセス権限は拒否しよう

androidでは、アプリをインストールする際にアクセス権限を一つ一つ認めるか、拒否するか選ぶことが出来ます。

例として、怪しいパズルゲームであれば

  • 電話帳内へのアクセス
  • ネットワーク通信
  • 電話発信
  • 位置情報
  • メッセージ

というアクセス権限を求めてきます。

これは、見ての通り、怪しいです。

パズルゲームなのにどうして電話帳やメッセージ機能を使う必要があるのか。

もしかしたら電話機能を認めないとアプリが出来ないのではないかと考えるかもしれませんが、正常なアプリであれば電話帳の権限が無くても問題なく動きます。

まず、明らかに関係ない電話帳を求めてくる事から子のアプリは完全にウイルスだとみなすことが出来ます。

初回で一度許可を出してしまうと、その瞬間にデータが抜き取られてしまって後から設定を変更しても意味が無くなってしまいます。

 

セキュリティソフトで自衛しよう

こうした悪質なアプリを避けるために一番良いのは、セキュリティーアプリを入れておくことです。

ですが、セキュリティアプリを入れていると、荒野行動のチートを行うためのアプリなどもブロックされてしまう恐れがあります。

なので、海賊版アプリは出来るだけインストールしないこと、アプリをインストールする際に求められるアクセス権限に必要のない権限を与えないこと。

この2点を守ってくださいね。

AndroidはiOSと違って、セキュリティーがかなり弱く、色々な形でアプリが動作しています。

その為、本人が気が付くことなく悪さをしている場合が非常に多いです。

root化はもっとも危険で、Androidユーザーなら、かなりの人が行っていると思いますが、これは正直言ってコンピューター(Android)に関する知識やセキュリティーに関する知識がない人はやらないほうが無難です。

管理者権限を渡すことになるので何をされるか分かりませんしね。

Androidユーザーはroot化している人もしていない人も、野良アプリを使っている人も使っていない人も、

GooglePlayStoreに上がっているからといって必ずしも安全とは限りません。

GooglePlayStoreだから大丈夫だろうと思ってインストールしたらまさかのマルウェアが仕込まれていたりするので、気を付けてくださいね。

 

荒野行動のAndroid版でチートを行う時の注意点は?

荒野行動でチートを行うときには注意点があります。

一つ目はアカウント停止のリスクです。

チートは当然不正行為になるため、アカウントが停止されるリスクがあります。

バトル終了後のリザルト画面で他のユーザーから運営側に通報される可能性も高いです。

通報の件数が一定数を越えると、強制的にアカウント停止になってしまうので注意が必要です。

さらに、通報が少なくても運営が大規模なアカウント停止祭りを行う事があるので、その際にアカウントが停止されてしまう可能性が高いです。

 

チートスクリプトファイルに注意!

チートを動かすスクリプトをダウンロードするときのウイルスについても注意が必要です。

ネットで配布されているスクリプトの一部にはウイルスが含まれていることが多々あります。

そのため、ウイルスが含まれているスクリプトをダウンロードして利用することで、あなたのスマホやパソコンがウイルスに感染してしまい個人情報が抜き取られたり、口座情報なども盗まれてしまう可能性が大いに考えられます。

もしも、荒野行動でチート行為をする場合はそういったリスクが取り巻いてくる事を理解した上でチートを使ってくださいね!

 

まとめ

今回は、荒野行動のAndroid版でチートを使う方法やダウンロードの仕方についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

チートを使うためには、普段利用しているスマートフォンをroot化する必要がります。

10万円以上する機種もあるスマートフォンを壊してしまうリスクを考えると、root化するには勇気が必要です。

それでもチートを行いたい方は、チートによるリスクをよく理解したうえで、自己責任で行ってくださいね。