荒野行動とは?年齢層はいくつ?最近、難しくなったって本当?

荒野行動とは 年齢 難しくなった
Pocket

今回は、荒野行動とはどんなゲームなのか、プレイしている年齢層や最近ゲームが難しくなったのではないか、という噂についてもご紹介します!

学生の方は、近頃クラスメイトが教室で固まってゲームをしている様子を見たことがあるのではないでしょうか?

休み時間の会話でも聞こえてくる『荒野行動やろう!』という言葉を聞いて、荒野行動とはどんなゲームなのか気になっていることでしょう。

荒野行動という一見意味の分からない名前のゲームは面白いのか、学生たちの間だけで流行っている物なのか、大人世代の方も知っておいて損はありませんよ!

それでは、荒野行動とはどんなゲームなのか、プレイしている年齢層や最近ゲームが難しくなったのではないか、という噂についてもお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


若い年齢層から大人気のスマホゲーム荒野行動とは?

荒野行動とは、広大なフィールドに降り立った100人のプレイヤーとサバイバルな戦いを繰り広げて最後の1人になるまで生き残るというバトルロワイアル形式のFPS・TPSゲームとなっています。

iOS版、Android版共に2017年11月にリリースされた、韓国のBlueholeが開発した『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』と似ているテイストなゲーム性を持っていることから非常に注目を集めました。

荒野行動の正式配信を迎えた12月14日時点では、全世界で登録者数が2億人を突破しました。

その後、2018年3月にWindows版の荒野行動がリリースされ、2019年の春にPlayStation 4での配信が正式に決定しています。

荒野行動ってどんなゲームなの?という疑問を持っている方で、PUBGの事は知っているという方は、基本的なゲームシステムはPUBGと殆ど一緒なのでPUBGと全く同じと考えて頂いて問題ありません。

荒野行動では、そのゲームシステム上、敵を倒す事よりも『生き残ること』が重要になるので、撃ち合いの戦いが苦手な方でも、最後までバレずに逃げ切ることでTOP10位にランクイン、もしくは優勝することも出来ます。

PUBGにおいて、1位になることが『ドン勝』と呼ばれていることから、荒野行動でも1位になることを『ドン勝』と呼びます。

撃ち合いが苦手でも、一人も敵を倒さなくても立ち回り次第でドン勝を狙う事が出来るので、初めてFPS・TPSゲームをプレイする初心者にもやさしいシステムとなっています。

ちなみに、元は中国のゲーム会社が開発したゲームなので、日本語への翻訳が時々おかしい場所があります。

また、戦闘に関係のないシステムが多数入れられているのも荒野行動独自の面白いポイントとなっています。

 

バトルロワイアルとは?

荒野行動は、PUBGが初めて採用したバトルロワイアルのFPSをパクったのではないかと言われています。

ですが、PUBGはそもそもH1Z1という前身のゲームが存在しており、そもそもバトルロワイアルというシステム自体元々は映画を元にしたシステムだったのです。

バトルロワイアルシステムとは、映画『バトルロワイアル』を元にした孤島で行われる最後の一人になるまで生き残りを賭けて敵を倒すシステムのことです。

映画の概要としては、学校の生徒一人一人が名前を呼ばれると共に、ランダムな武器を支給されます。

生徒に支給された武器の中には、ハッキリ言って使えないフライパン等も含まれており、銃を配布されている生徒とは明らかな戦力差が生まれていました。

その為、運動神経が良ければ必ず勝てるという世界ではなくなっていました。

このバトルロワイアルシステムは非常に世界でも面白いとされており、荒野行動においてもどれだけゲームがうまい人でも、武器を手に入れることが出来なければ拳一つで銃を持った相手と戦わないといけなくなってしまったり、自分の装備は無しで重装備の敵と戦わなければいけないという状況に陥ります。

その為、運次第ではゲームを始めたばかりの初心者が、ベテランプレイヤーを倒すことも出来るという点が魅力的です。

 

荒野行動のゲームシステムは?

荒野行動には沢山の戦闘モードがあります。

  1. シングルモード(1人対戦)
  2. デュオ(2人協力対戦)
  3. スクワッド(4人協力対戦)
  4. クインテット(5人協力対戦)

このように1人プレイから5人で協力してプレイすることが出来るので、一人でも楽しめて、友達と5人まで一緒に楽しむことが出来るという嬉しいシステムになっています。

また、1人でも、デュオ、スクワッド、クインテットに参加することが出来ます。

その場合は、自動でマッチングが行われて3人組のプレイヤーとあなたで4人スクワッドや、全員一人プレイヤーで5人クインテットというようなマッチングが行われます。

知らない人とパーティーを組むことになるので、連携がうまくとれるかどうか心配になってしまうかもしれませんが、文字でのチャットとボイスチャット機能があるので、意思の疎通も簡単に行うことが出来ます。

皆荒野行動が大好きでプレイしている人たちなので、すぐに仲良くなれるでしょう。

自動マッチングからフレンドになって、その後も一緒にプレイする関係になった人も知っています。

積極的に連携をとることでドン勝が一気に近づくので、恥ずかしがらずに連携をとってみてくださいね。

初心者の時には、アドバイスを貰えることもあるので、非常に参考になると思います!

 

荒野行動のコア年齢層は10代?!

App Apeを利用して『荒野行動』ユーザーの年齢層や男女比を調べてみました。

戦闘がメインのゲームなので、やはりユーザーの60%が10代~20代の男性となっています。

特に10代のプレイヤーが多く、10代以下のプレイヤーも一定数いることに驚かされます。

男女比だけを見てみると、男性約70%、女性約30%と、FPS・TPSゲームとしては女性の比率が高いことも特徴ですね。


荒野行動には年齢制限があるって本当?何歳まで?

荒野行動のゲーム自体には、17+という年齢制限があります(appstoreの場合)。

ですが、実際の所、17歳以下の方でスマホを自分で契約して購入している方は少ないですよね。

つまり、17歳を優に超えている保護者の契約となっているハズです。

となれば年齢制限は関係ないので、特に保護者の方が個別に設定していない限りではダウンロードすることが出来ます。

 

課金額の年齢制限は存在する!

忘れてしまっている方も多いかもしれませんが、荒野行動を始めてプレイしたときに、実は全員生年月日を入力しています。

この生年月日によって、課金できる額の制限(上限)が決まってきています。

  • 16歳未満⇒月額5000円まで
  • 16歳以上20歳未満⇒月額20000円まで
  • 20歳以上⇒課金制限なし

もしも初回の設定時に16歳未満の年齢に設定した場合には、月に5000円までしか課金ができないということになってしまいます。

適当でいいだろうと若い年齢を設定してしまって、あとから変更が出来なくなってしまったら厄介ですよね。

 

年齢制限の解除は出来る?

間違えて年齢を設定してしまった事にあとから気が付いた場合。

課金額に直結してくるので年齢制限を変えたい方も居るでしょう。

ただし、基本的には年齢制限の解除は出来ないルールとなっています。

どうしても年齢制限を解除したいという場合には、2つの方法があります。

 

アカウントを削除してやり直す

1つ目は、今プレイしているアカウントを新しく作り直すという方法です。

アカウントを作り直せばもう一度初回の年齢確認をすることが出来るので、正しい年齢を入力すれば問題ありません。

ただし、この方法では、以前のアカウントの課金した金額、データが全部消えてしまうので、悩みどころでしょう。

ゲームを始めて間もない時期であればオススメ出来る方法になります。

 

問い合わせをして事情を説明する

年齢を変更する2つ目の方法は、運営にお問い合わせをして変更してもらうという物です。

荒野行動のお問い合わせフォームに行くと、『年齢変更』というお問い合わせのカテゴリーが存在します。

年齢変更を選択して、出てきたフォームに必要事項を入力して送信することで、年齢変更の申請が出来ます。

子供が嘘をついて年齢変更しようとしていると思われてはいけないので、全ての項目をしっかり入力してください。

  1. トップページから歯車の『設定』をタップ
  2. 画面下の『お問い合わせ』をタップ
  3. 『よくあるご質問』⇒『生年月日変更』をタップ
  4. 全て記入して申請

この手順で申請を行うことが出来ます。

数日以内に返事が返ってくるでしょう。

 

荒野行動が難しくなった原因はユーザ数の増加?

荒野行動を昔からプレイしている方は、最近荒野行動のレベルが上がってきて、ドン勝が難しくなったと感じているのではないでしょうか?

実際、ゲームをプレイしている人口が右肩上がりで増えており、攻略サイトや実況動画も増えてきているのでプレイヤーのスキルが底上げされています。

その為、自分自身が強くなっていっていない場合は、どんどん周りのプレイヤーが強くなっていき、自分だけ取り残されて難しくなったと感じてしまいます。

 

ユーザ増加でBOTが少なくなった?

荒野行動のサービス初期には、まだまだプレイヤーが少ない時代がありました。

ユーザ数が少なくても、100人で戦うゲームなので100人集めるまでゲームが開始出来ません。

ユーザが居なければいつまでもゲームが始まらないので、現在もそうですが、特にユーザが少なかった初期は、BOTと呼ばれるコンピューターが100人の中に混ぜられていました。

BOTは、殆どこちらを攻撃してくる事は無く、攻撃してきても銃弾が当たることは滅多にありません。

その為、一方的に倒すことが出来ていました。

ですが、最近はユーザ数が増えてきて、BOTがそれほど多く参加することが無くなり、キルを取ること、ドン勝を取ることが難しくなったと感じているのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、荒野行動とはどんなゲームなのか、プレイしている年齢層や最近ゲームが難しくなったのではないか、という噂についてもご紹介してきましたが、如何でしたか?

荒野行動はもともと中国のゲーム会社NetEaseが開発した、バトルロワイアルゲームです。

前発のPUBGと並べられて比較されることも多いゲームですが、比べてみると手軽にできるのが荒野行動で、少しコアなファンにはPUBGがオススメという事も分かりました。

課金額には年齢制限がかかっており、子供が勝手に課金できないような安全性も作られています。

もし、自分が大人なのに未成年の年齢を設定してしまい、思う様に課金が出来なくて困っている方は、年齢宣言の解除方法を試してみてくださいね。