荒野行動のiPadの4本指での持ち方!ボタン配置の調整方法

荒野行動 4本指 配置 ipad 持ち方
Pocket

今回は、荒野行動をiPadで4本指を使ってプレイする時のボタン配置の調整方法や持ち方についてご紹介します。

荒野行動が上手いプレイヤーの実況動画を見ていると、手元動画でipadを使ってプレイしている場面を見ることがよくあります。

どうして上手いプレイヤーはiPadを使っているのか気になったことはありませんか?

そして、iPadでプレイしている人の大半が3本、4本指を使ってプレイしています。

この記事では、どうしてiPadがオススメなのか、4本指がオススメなのか、その理由についてもご説明します!

それでは、荒野行動をiPadで4本指を使ってプレイするときのボタン配置の調整方法や持ち方についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

荒野行動ではどのiPadモデルが1番プレイしやすい?

最近まではXperia Z5というAndroid端末を使って荒野行動をプレイしていましたが、機種が古くなってきたことによって動作が遅くなってきてしまいました。

そこで、自宅にあったiPadでプレイしてみると、Androdの時よりAIM合わせがかなりしやすくなっていました。

Androidは端末ごとに性能差が大きく、アップデートするごとにゲームとの親和性が低くなっていくので、強くなりたい方は基本的にiPadでのプレイをおすすめします。

現在プレイしているandroid端末からipadへのデータ移行は出来ないようなので、この機会に心機一転1から始めてみましょう。

 

荒野行動に対応しているiPad一覧

ipadなら何でもいいのかと言うと、そうではありません。

当然古いipadでは処理の能力も低いですし、そもそも荒野行動に対応していない可能性も高いです。

今現在荒野行動に対応しているipadの機種は以下の通りです。

  • iPad Air
  • iPad Air Wi‑Fi + Cellular
  • iPad mini 2
  • iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular
  • iPad Air 2
  • iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular
  • iPad mini 3
  • iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular
  • iPad mini 4
  • iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular
  • 12.9インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular
  • 9.7インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular
  • iPad (第5世代)
  • iPad Wi-Fi + Cellular (第5世代)
  • 12.9インチiPad Pro (第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro Wi‑Fi + Cellular (第2世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 10.5インチiPad Pro Wi‑Fi + Cellular
  • iPad (第6世代)
  • iPad Wi-Fi + Cellular(第6世代)

 

1番オススメのiPadモデルはある?

荒野行動をするのにオススメなipadのモデルはiPad pro10.5かiPad pro9.7になります。

iPad proのCPUは『apple A10Xfusionプロセッサ』で、ノートパソコン並みの性能でフレームレートも120hz出るので購入してからも数年は最新のAndroid端末に劣ることはありません。

iPad pro9.7もA9Xプロセッサで60hzですがCPUがappleA9xで荒野行動やる為には十分なスペックを持っています。

例えば、XPERIAz4tabletはZ4とZ5と同じスナップドラゴン810というCPUなのでかなり古い端末になります。

iPadminiも最新の機種でもA8チップのiPhone6程度の性能しかないので荒野行動をするにはストレスがあるでしょう。

Android端末は機種によっては指を動かしてから画面が反応するのにタイムラグがあったりと荒野行動に向いていません。

かといってipadも安くはありません。

ですが、サクサクと動かすにはCPU、GPUと共に高い処理速度が必要になるので、価格が高くなるのは当然とも言えます。

荒野行動もアップデートを重ねるごとにどんどん処理が重たくなってくると予想できるので、上達したいのであれば多少高くても高性能なipadを購入するのがトータルでお得になりそうですね。

 

iPadでプレイするメリットは?

ipadでプレイすると、画面が広くなるので、AIM操作が無駄に斜め移動しないというメリットがあります。

さらに、AIMの微調整がスマホよりも格段に細かくすることができます。

一番のメリットとしては、画面が広いので、遠くに居る敵でもかなり大きく見ることが出来ます。

相手がスマホを使って居れば、一方的に自分だけ敵を見つけている状況にもなります。

 

荒野行動でのiPadのボタンの位置を調整のやり方

まず、iPadに荒野行動をインストールすると標準状態で、画面のボタン配置設定がされています。

初期設定のボタン配置は、スマホに最適化されている配置なので、ipadではかなりプレイしにくい配置になっています。

デフォルトの設定だと、iPadは、使用しているipadの画面サイズによって、ボタンが押しにくい位置にあるので、それぞれのボタンの位置を調整することが必須とも言えます。

ボタンの配置の位置はかなり重要になるので、しっかり調整していきましょう。

これまで標準の位置でプレイしていた方は、慣れればかなり強くなれますよ!

 

位置を調整した方が良いボタンはどれ?

iPadで荒野行動をプレイする際には、ボタンの配置がとても重要です。

どんなに上手い人でも、スマホからiPadに移行したあとに、ボタン配置がうまくできていないと、なかなかうまくやることはできないようです。

もちろんデフォルトのままでやってもいいのですが、せっかくなので3本、4本指に対応できるようにレイアウトを変更しておきましょう!

確実に注意して配置してほしいのが、以下のボタンです。

  • 移動ボタン
  • 左の射撃ボタン
  • スコープボタン
  • リーンボタン
  • ジャンプボタン
  • しゃがみボタン
  • ほふくボタン
  • バッグボタン
  • リロードボタン
  • アイテムリスト

 

配置の調整方法は?

配置を調整する時には、まず射撃場に行ってカスタマイズしてください。

もちろん、ロビーでも設定は出来ますが、実際に動かしながらやってみないとイマイチ分かり辛い面があるので、射撃場で実際の操作感を確かめつつ、設定していきます。

まずは『レジャー』から『射撃場』を選択してください。

射撃場で自分に合ったカスタマイズをしよう。

ボタンのサイズや色の濃さも変えることができる。

 

画面レイアウトから編集

射撃場に行ったら設定を開こう。

『操作設定』の中に『画面レイアウト』というボタンがあるので、それを選択してください。

 

プランを選択していざカスタム!

プランには3つのカスタマイズを記録して残しておくことができます。

微調整した時や新しい配置を試したい時は、他のプランに設定して試してみてくださいね。

気に入らなかったら元のプランに戻せばOKです。

 

各ボタンの大きさ

人によって手の大きさや、指の長さが違うので、押しやすく無理のない位置にボタンを配置しよう。

配置が決まったら『セーブ』を押して設定完了です。


iPadで荒野行動をプレイする時に最も重要なボタンは?

 

移動ボタンの設定が一番重要!

移動ボタンは、ダッシュするために必須のボタンになります。

その為、設定の上手さがそのまま戦績に影響し的安くなっています。

ゲームの性質上、思ったタイミングで、思った場所に移動できないと、すぐにやられてしまいます。

行きたい場所に行きたいときに移動できるように、確実に配置していきましょう。

配置のコツとしては、左手の親指が無理なく動かせる範囲で、ダッシュボタンに指が触れる際に、手首が動かないくらいの配置することです。

 

射撃ボタンの配置はどうする?

この射撃ボタンは、攻撃するために必須なのボタンになりますので、移動ボタンと同じく最も注意して配置しないといけません。

押せればいいから、適当にと思って配置すると、いざ攻撃したいときにボタンが押せていなかったりするので、要注意です。

この射撃ボタンの配置のオススメの位置は、iPadを持ったときに、リラックスして人指し指でタッチできる場所に配置しておきましょう。

自然にiPadを持ったときに、人指し指が自然に当たる位置に調整しておくと、一番押しやすいですよ。

さらに、操作しやすいように、ボタンのサイズは出来るだけ大きめにしておくとやりやすいです。

 

バッグもすぐに開けるようにしておこう!

所持品を見る為のバッグのボタンは、実は重要な設定項目になります。

スコープの取り替えや、いらない道具を捨てる時にバッグを開いて操作しますよね。

この時間は敵からほとんど一方的に見つけられてやられてしまうので、少しでも時間を短く、素早く操作が出来ると隙が無くなります。

ただ、ボタンを使用する頻度は余り多くないので、少し無理をしてタッチできる位置に配置しておくと、視界の邪魔にもならずに便利です。

デフォルトの配置は左手の場所にあるので、右側の空いているスペースにおいておくのがオススメです。

 

iPadを持ってプレイすのは難しい?

ipadは購入した画面のサイズにもよりますが、手で持ちながらプレイするのは難しいです。

仮に持ってプレイしたとしても疲れてしまって長時間プレイには向いていません。

その為、基本的には手で持たずに机の上に平に設置して、プレイするのが良いでしょう。

電車内や移動中のバスの中では隣の乗客に迷惑になってしまいますので、難しいです。

膝の上だとどうしても安定しないので、安定した机の上においてプレイするのがipadでの持ち方になります。

 

iPadで荒野行動をプレイする時は2本指だけでなく4本指を使うべき!

スマホで荒野行動をプレイする時は、基本的に両手の親指2本でプレイする方が多いと思います。

そこから更に3本指でプレイしている人も多いでしょう。

ですが、せっかくipadでプレイするのであれば、さらに一本指を増やした4本指でプレイするとより効率的にプレイすることが出来ます。

四本指プレイヤーに多く使われている『スコープボタン』を右上に持ってきていることで、素早くADSができて、より正確な射撃が可能になったり。

最強武器の81式であれば、『移動・照準・射撃』がスムーズに行えるだけではなく、4本指ならADSまで楽にできてしまいます。

もちろん必須ではありませんが、4本指でプレイすることでより高みを目指せるでしょう。

 

練習あるのみ!

iPadで4本指練習し始めた方は、足止めしないようにその場をくるくるまわる動きとか後ろに下がるような動きで撃とうとする左親指が窮屈になると感じているかもしれませんね。

そんな時は、ボタンの配置を見直して、とにかく射撃訓練場で訓練してみましょう。

スマホからipadに移動して、慣れるのに3ヶ月かかった人もいるみたいです!

 

まとめ

今回は、荒野行動をiPadで4本指を使ってプレイする時のボタン配置や持ち方についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

普段から持ち歩いているスマホを使って荒野行動をプレイしている人が一般的には多いかもしれませんが、実際出先でゲームをやっている時間と自宅でやっている時間はどちらが長いですか?

自宅でプレイしている時間が長い方は、間違いなくiPadでプレイしたほうが上達します。

荒野行動の為にiPadを購入するのはもったいないと感じるかもしれませんが、iPadで実況動画を見たり、お子様が居る家庭では子供をあやすために使うことも出来ます。

また、iPadでもそれほど大きくないminiモデルがあるので、荒野行動で強くなりたい方は是非検討してみてくださいね!